人気ブログランキング |

じゅえ的FFXIめも

jueling.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:・マクロのお勉強( 10 )

やばい、「居残り」の次なんにしよう・・・・・・・。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_18481700.png



部活とかかなあ・・・・・。


マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_18485344.png

そんな悩みは置いておいて。

今回は便利な小技「ブック、パレットの移動」です。

移動?なんぞそれ。
コピペでもすんの?

前回やったやんそれ!


ちっちっち。

マクロは全部で20ブック。
さらに1ブックに10パレット。
人それぞれですが、たいていは「1ジョブ1ブック」ではないでしょうか。

なので20ブックなら20ジョブしかマクロを作れない・・・・・。
てゆう悩みもありますが、そのへんは同じブックに共存させるとして。

みなさん、ジョブチェンジしたあとはマクロをどうしていますか?
どうしていますかってそりゃ、そのジョブ用に作ったマクロブックに移行するでしょ。

そうそう、ではその「移行方法」はどうやっていますか?


ちなみにじゅえはその便利な方法を「今日」知りました(笑)
今回は、便利なブックやパレットの移動方法をご紹介いたします。



・ブックの移動

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_18521490.png

 じゅえはこれまで、ジョブチェンジするごとにマクロ編集を開き、
 そこから該当ジョブのマクロを選んでおりました。

 毎回毎回「えーっと黒のマクロは・・・・これだっけなあ」
 と探している始末。


 しかし、この方法で
 「あれ、あのマクロってこのブックだっけ?」という探す手間がなくなります!

 方法はいたって簡単。
 導入時の手間や、追加導入こそあれどこれさえ作っておけばもう迷うことはありません。
 
 まず、空いているブックを選択します。
 その際、ブックリストの一番上か一番下が望ましい気がします。


 ここでは名前を「IDOU」と名付けました(まんまである)

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19022976.png



 その「IDOU」ブックを開き、パレットに持ちジョブを題名に書きます。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19033508.png



 その中身はこんな感じ。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19052163.png

 このコマンドは「ブック1に移行する」というものです。
 

 マクロブックは上から順に1~です。
 このマクロの場合は1ブック目には黒魔導士のマクロが書いてあるブックですので
 実際に「IDOU」ブックでのコマンドを実行すると、すぐさま黒魔導士のマクロに飛ぶことが出来ます。



マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19081089.png

 ここでマクロ実行すると


マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19084518.png

 黒魔導士マクロブックに移行。


 これを持ちジョブ分だけ作り、作ったブックに移行するようにしておけば
 毎回「あれ、あのジョブのマクロどこだっけ」という探す手間がなくなります!
 おお、こりゃジョブチェンジするごとにブックを探してそこに移行していた
 じゅえにとっては便利だな!!!
 
 と、思ったんですが。
 

 これ、結局毎回「IDOU」に行く必要があるんじゃ・・・・・。

 こうゆう使い方でいいのかしらw


 しかも「IDOU」ブックは1パレットしか使ってないから残り9パレット、無駄になってるよ?!



・パレットの移動

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_18524077.jpg
 じゅえは主に後衛ジョブで使用していますが、
 「MBはサンダーで~」などと指示があった時、もともと「ファイア」のパレットを使っていた場合
 そこからサンダーのパレットを探すのが面倒ではないでしょうか?
 

 指示があるごとにパレットを上下に探してその指示された属性魔法が書かれたパレットを探す・・・。

 そんな手間をなくして便利にしたのがこのコマンドです。



 今回は黒魔導士のマクロを用いてご紹介します。

 まず、空いているパレット(出来れば一番上のパレット1が望ましい)に
 このように題名を書きます。


マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19084518.png

 この辺は「ブックの移動」と同じですね。


 そして中身はこんな感じ。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19150203.png


 このコマンドは「パレット2に移行する」というものです。

 そしてパレット2には「ファイア」属性の精霊魔法がこのようにずらりを書かれております。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19155984.png


 パレット3には「サンダー」属性の精霊魔法です。
 内容や並びはファイアとほとんど変わっておりません。

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19171164.png


 このように最初のパレットに精霊魔法の属性とコマンドを書いておけば
 とっさの指示の変更にもすぐに対応出来ます。
 
 黒、赤、学、風などの精霊魔法を撃つ機会が多いジョブ、もしくは召喚士などには便利な方法です。



 パレット数の都合上、ここでは書いておりませんが各パレット

マクロのお勉強 居残り ブック、パレットの移動_e0401547_19200861.png

 このようなマクロボタンを仕込んでおけば、いかなるパレットにいても
 すぐさまパレット1に戻り、そこからすぐに属性を選ぶことが出来ます。

 このパレットの移行方法は、ブックのなんだか微妙感よりずっと便利で重宝致しますので
 是非取り入れてみてください!!



 では良き、マクロライフを。



おまけ:

 Twitterフォロワー1000人突破致しました!!
 皆様、ありがとうございます!!



これからも元気いっぱい、お役に立てるよう頑張りますので
Twitter、ブログ、そしてついに実況を始めたYoutubeチャンネル登録共々、よろしくお願いします!!




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてパレットに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです155.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png


by juelingling | 2020-03-25 19:27 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(0)
放課後じゅえタイム。


マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20342924.png


今回はじゅえが普段から良く使っている、
便利な「テキストコマンド」ご紹介します。

「/」から始まるこのコマンドは使い方次第で、今まで面倒だったことが一気に楽になったりします。
使い方は千差万別。
単独で使っても良し、マクロに組みこんでもよし。



・/yell(エール)
 「大声で叫ぶ」
 募集などに使われるのが主にこれ。
 使用例:/yell ジョブポ1時間 ドーの門にいきます!盾前支援募集@3
 

・/random(ランダム)
 0~999の値をランダムで表示する。
 戦利品の分配や、何かをする順番を決めるときに使用。
 これでいざというときに、2とか999とか出すと神扱いされます。

マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20344404.png


・/ignorepet(イグノアペット)
 これをオンにすると、ペットタゲれなくなります。
 味方にケアルなどしたい場合にペットまでタゲってしまい、それが邪魔な場合に有効。

 /ignorepet on
 /ignorepet off


・/ra(遠隔攻撃)
 /ra <t>などでタゲった敵に遠隔攻撃を行います。
 もちろん遠隔武器を装備していないと行えません。


・/refa all
 フェイスを一気に消せます。
 これで一体一体タゲってさよならしなくても済むよ!


・/follow(フォロー)
 このコマンドのあとにプレイヤーの名前などを入れると自動追従します。
 コントローラからの追従よりも精度は高し。

・/as(アシスト)
 このコマンドのあとにプレイヤーの名前を入れると、
 「そのプレイヤーが現在タゲっているもの」自動ターゲットします。
 ダイバーなどの乱戦のときに便利です。
 
 例:/as jue
   で、じゅえが戦闘している敵を自動ターゲット。
 

・/autotarget(オートターゲット)
 on,off切り替えで
 「自動的に次の敵にターゲットを移行する、しない」
 こちらも乱戦などで有効。
 次の攻撃目標が決まっている場合や、せっかく寝かした敵
 自動でタゲって叩いたりしないように出来ます。


・/fish(フィーーーーーッシュ、オーーーン!!!)
 釣れ。


・/names(ネームズ)
 on,off切り替えでキャラクターの名前の表示、非表示。
 ゲーム実況やスクリーンショットを撮りたいときに名前を消すのに便利。

マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20350152.png




辞書登録しておくと便利なコマンド


・/sea all(しあ)
 このコマンドあとにサーチしたいプレイヤーキャラクターの名前の頭文字3~4文字を入力して実行すれば
 簡単にサーチしてPTに誘うなり、ストーカーするなり出来ます。

マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20351355.png


・/acmd leader(あら)
 このコマンドのあとにキャラクターの名前を入力すると、
 「現在アライアンスを組んでいる別PTリーダーのキャラクター」
 アライアンスリーダーを移行させることが出来ます。

 使えるのは現在のアライアンスリーダーキャラクターのみ。


・/itemsearch(あいてむ)
 このコマンドのあとに収納内で探したいアイテム名を入力すれば
 どこに入っているか確認出来ます。

 例:/itemsearch アルマス

マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20352585.png


 かあさん、わしのメガネはどこかいのう。


・/checkparam <me>(ちぇっく)
 このコマンドを実行すると、現在の自分の命中、攻撃力、防御力など
 表示されます。

 自分の命中いまいくつwwwwってときに便利です。

マクロのお勉強 放課後 便利なコマンド_e0401547_20353877.png



 

もっと便利なのあるよ!!とかあるかと思いますが、
今回は、じゅえがよく使うものを紹介しました!




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてバンドに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです110.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

けいおん! Shuffle (1) (まんがタイムKRコミックス)
かきふらい
芳文社 (2020-02-27)
売り上げランキング: 1,104

by juelingling | 2020-03-14 20:40 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(0)
これでいちおう、一区切り。

マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19384456.png

なの?!!




これまで、マクロ編集の仕方、コマンドや代名詞から装備セット編集まで
色々お勉強してきました。

今回はそのお勉強の成果を生かした総合回です。


ここで改めて、各お勉強の項目とリンクと共にご覧ください。

1限目:マクロの編集
 ここではマクロの概要と、メニューからマクロ編集を開いて
 文字を打ち込み、それを実行しました。

2限目:マクロの組み合わせ
 簡単な代名詞を使って、コマンドと共に実際にアビリティ「挑発」を実行しました。

3限目:サブターゲット
 サブターゲットを使った「挑発」を使用しました。

4限目:魔法マクロ
 2、3限目で使用したコマンド、サブターゲットを駆使して「魔法」を実行しました。

5限目:複数行のマクロ
 複数行に渡るマクロを実行しました。

6限目:装備セット
 装備セットの概要。実際に装備をセットしました。

 目的に沿った「装備セット」を作成、マクロから装備セットを呼び出しました。


今回は1~7限目で覚えたものをフルに使って、装備セット、マクロを組みつつ
その実例を紹介しながら解説していこうと思います。



・アビリティ編
 
 ここでは2限目に使った「挑発」3限目で使った「サブターゲット」
 5限目で覚えた「複数行のマクロ」
 
 そのマクロに装備セットマクロを組み込んでいきます。




マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19455693.png

 5限目で作成したこのマクロに「装備セット」を組み込んでいきます。

 組み込む装備セットはふたつ。

  ・敵対心装備
  ・通常装備


装備の内容は各ジョブ、レベル、各々の諸事情により異なりますのでここでは省きます。

敵対心装備はset28
通常装備はset29としました。


まず、先ほどの作成したマクロを開いてある状態で、「/wait 30」にカーソルを合わせ、
キーボードの「+」ボタン、もしくはコントローラー「△」ボタンを押し、
右側のメニューに移行します。


そのメニューの中の「行削除」を選んで決定。
同じように「/echo 再挑発可能」の部分も削除します。


マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19480558.png

これでこのような状態になったと思います。


再度カーソルを「/ja 挑発 <stpc>」に合わせ、今度は「行コピー」を選択して決定してください。
決定後、3行目にカーソルを合わせます。
ここで今度は「行ペースト」を選択します。



マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19491480.png


そうするとこのように「/ja 挑発 <stpc>」がふたつ続いている状態になるかと思います。

この状態になったら、もう一度二行目にカーソルを合わせ、「削除」
すると1行目、3行目のみに書かれているマクロが出来ます。



マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19501649.png

これで「行のコピー、ペースト、削除」が出来ました。
もちろん、コピペを使わずに一から書いていってもかまいません。




この状態になったら、「敵対心装備の装備セット」「通常装備の装備セット」をマクロに書いていきます。


マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19512654.png


マクロの説明

1行目:挑発のリキャスト確認
2行目:敵対心装備に着替え
3行目:敵対心装備のままサブターゲットで敵を選択、実行
4行目:1秒待機
5行目:通常装備に着替え

これで、
「敵対心装備に着替えたあと挑発を実行、1秒後、通常装備に戻す。」

というマクロが完成しました。


1秒の待機時間を設けた理由は、それがない場合、ラグやエラー
通常装備に戻らない場合があるのを防ぐためです。



今回は「挑発」での紹介ですので「挑発」に関わるパラメータ「敵対心」を目的として使ったものです。
これが前衛のアビリティでも後衛のアビリティでも考え方は同じです。

要は、7限目でご説明した「目的に沿った装備」入れ替わっただけです。


この基本の作りが分かれば、作りはそのままであとは使用するアビリティの変更
それに沿って作った装備セットの数字に変更するだけです。



作成したマクロですが、最初に「/wait 30」「/echo 再挑発可能」を消しております。
なぜ消したかというと、もちろん行数が足りないからです。

「/wait 30」と「/echo 再挑発可能」を入れると7行になり、行数オーバーしてしまいます。

ですが、「/wait 30」は代名詞としても使用することが可能なので、


マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19552226.png


このように組み込むことで行数を減らすことが可能になります。

waitを組み込む場合にはこちらの方が、より実用的かと思います。



魔法編

魔法に関しても考え方はアビリティと同じです。


「マクロのお勉強」では主に「基本的なマクロの組み方」をご紹介致しておりますので
それらジョブ別の細かい説明は、今後「ジョブ別のマクロ」にてご紹介させていただきます。



例:ファイアIIIのマクロ

マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19561675.png




アビリティのマクロと比べてもわかるように、ほぼ同じな作りなのがわかると思います。

・set30 ファストキャスト装備
・set31 魔法着弾装備


マクロの説明

1行目:ファイアIIIのリキャスト確認
2行目:ファストキャスト装備に着替え
3行目:ファストキャスト装備のままサブターゲットで敵を選択>実行
4行目:エラーやラグ回避のために1秒待機
5行目:魔法着弾装備に着替え


これで
「ファストキャスト装備に着替えたあとファイアIIIを実行、1秒後、魔法着弾装備に着替え。」

というマクロが完成します。

つまり、普通に魔法を撃つよりはるかに速く、同じようなダメージが出る、ということになります。


さらにここにwaitをかませて「リフレシュ装備」など組み込んでおけば
「より速く魔法を撃ち、その後待機しているだけでMPが回復する」という状態にも出来ます。



マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_19584930.png


マクロの説明

1行目:ファイアIIIのリキャスト確認
2行目:ファストキャスト装備に着替え
3行目:ファストキャスト装備のままサブターゲットで敵を選択>実行
4行目:
エラーやラグ回避のために1秒待機
5行目:魔法着弾装備に着替え後、5秒待機
6行目:リフレシュ装備に着替え

31に着替え後の<wait 5>の数字は打つ魔法の着弾時間などに影響します。
速く着替えすぎると、「リフレシュ装備のまま魔法が着弾する」可能性があるためです。
なので少し多めに取っておいても良いと思います。

また、今回は精霊魔法でご紹介しましたが、「もとから詠唱時間の短い魔法」などは
ファストキャストを介さずに「着弾装備のまま」撃つ場合があります。



このようにより多くの行を使ってより便利なマクロが完成します。
ずらっと行と文字が並んでおりますが、ここまで見て頂いた方ならご理解頂けるかと思います。



今回の魔法での紹介は精霊魔法で紹介しましたが、あくまで
「マクロを組んでみる」

ということを前提に書きました。


他にも、召喚士の「契約の履行マクロ」や学者の「震天動地の章マクロ」など、
様々なジョブのマクロが存在します。
当ブログや他のサイトでもそのへんのマクロは紹介してありますが、
こういった「基本の組み方、その概要と仕組み」を理解してあれば
より参考にしやすいかと思います。


また、場合によっては「装備セット」を使わずに「部位のみでの変更マクロ」も使う場合があります。
その場合は、HPやMPの変動を防ぐためのものだったりしますので、そのジョブやマクロを紹介している
サイトなどに直接見に行った方が良いかと思います。



マクロはこんなもんでしょうかねえ?w

マクロのお勉強 8限目 装備セットを組み込んだマクロ_e0401547_20112345.png



8回に渡ってマクロの説明をしてきましたが、これで良かったのか未だに疑問ですw

「わかりやすいだろうか」
「くどすぎではないだろうか」
「理解していないひとの気持ちになれているだろうか」


そんな悩みがずっとありました。

マクロの記事の冒頭で申した通り、一からマクロを作り、装備セット、そして
複雑なマクロの実践まで書き続けました。

さすがに各ジョブ各アビ、各魔法のの装備セット内容までは書ききれませんでしたが
そのへんも例や、番号のみで理解しづらくなっていないか不安です。


マクロ編集、装備セットなどはここで一区切りとなります。



次回は「知っていると便利なコマンド」など紹介してみたいと思います。



誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてマクロに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです110.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-13 20:16 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(2)
バージョンアップの波がようやく落ち着いた感じ!

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_19332709.png


~前回までのあらすじ~
装備セットに装備を登録することが出来た。

マクロのお勉強カテゴリはこちら


前回の装備セットの回では登録方法を二通りご紹介致しました。

・現在着ているものをそのまま登録。
・装備セット編集から装備を選んで登録する。

大きく分けてこの二通りでした。


今回はこの紹介した方法を踏まえて、じゅえが実際にやっている方法を例に挙げて
さらにそれをマクロに組み込む方法をご紹介致します。



・装備セットの目的を明確にする

 装備には色々なパラメータがあります。
 例えばアンバス装備である「ジャリローブ」

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_19352136.png


 唐突に強そうな装備が出てきても驚くことはありません。

 まず、これをぱっとみるとSTRやら魔命やらヘイストやらコンビネーションやら
 ズラズラッとぶっちゃけよくわからないパラメータが列挙されております。


 単にこれと見ると「なにがどう」ってわかりにくいかとは思いますが、
 要は、「その目的に当てはまるパラメータが多いものを優先する」感じです。

 他と比べてみないとそのあたりは一概には言えませんが、例えば
 他の装備よりINTが高いとか、命中が高いとか。
 そうゆうものを比べながら目的に沿って組み込んでいきます。

 なのでこのようにズラッとパラメータがあっても慌てずに
 「目的のパラメータだけ」をまずは見てみてください。
 もちろん、それは現在のジョブで「装備出来るもの」限定になります。



・目的が決まったら、その目的のパラメータに沿って装備してみる

 今回は「ファストキャスト」を優先してみます。
 ファストキャストは「いかに魔法の詠唱時間を短縮できるか」に関わってきます。
 ファストキャストを多く詰めすぎたりする例はありますが、そのあたりは今回省きます。
 

 なので目的が「ファストキャスト」であるなら、もちろん装備に
 「ファストキャスト+〇%」などの表記のあるものを選んでいきます。

 まず、メニューの「装備変更」から「ファストキャスト」のパラメータがあるもの
 選んでいきましょう。

 なお、今回は目的の一例としてファストキャスト装備でまとめましたが、
 とりあえず「装備セットを作る」という名目なので、お好きな装備でかまいません。
 



 一例として、今回はジョブ「学者」でこういった装備になりました。


マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_19383425.png

  武器:
  サブ:
  遠隔:
  頭 :マーリンフード・・・・・ファストキャスト+8%
  首 :オルンミラトルク・・・・ファストキャスト+5%
  耳 :エテオレートピアス・・・ファストキャスト+1%
     ロケイシャスピアス・・・ファストキャスト+2%
  胴 :
  手 :マルクィカフス・・・・・精霊魔法の詠唱時間-6%
  指 :プロリクスリング・・・・ファストキャスト+2%
     ジャリリング・・・・・・ファストキャスト+4%
  背 :ルッフケープ・・・・・・ファストキャスト+10%(オーグメント)
  腰 :
  脚 :サイクロスラッパ・・・・ファストキャスト+7%(オーグメント)
  足 :AMネール+1・・・・・・・ファストキャスト+6%


 マルクィカフスの「精霊魔法の詠唱時間-6%」はファストキャスト+6%と同等。
 オーグメントは素材を使うことにより、付加される追加パラメータです。

 ファストキャスト合計51%


 合計数字的に、この数字が高いか低いかはとりあえず置いておいて、
 現在持ちうる「ファストキャスト+」の効果があるものを全て装備致しました。
 



・装備したものを装備セットとして登録する
 
 では、目的のパラメータで固めた装備を「装備セット」に登録します。

 装備セットの登録方法は前回やりましたが

 ・装備変更から装備を選ぶ
 ・マクロ機能>装備セット編集
 ・空いているSetで決定
 ・「現在の装備に更新」で決定>アラートで「はい」


マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_19442505.png


 これでこのように先ほどの装備が登録されました。

 しかし、この画面では先述した「オーグメントによる追加パラメータ」は見れない状態になっています。
 なので、装備編集からオーグメントのパラメータを確認しつつ変更し、ここに登録するわけです。
 もっともこの画面から装備を変更する際には、収納からそのパラメータは確認することが出来ます。

 これで目的のファストキャストの装備が装備セットに登録されました。



・新しい装備が手に入り次第、入れ替え、追加を行う

 例えば、胴で「ファストキャスト+」が付いた新しい装備が手に入ったとします。
 そうしたら、その胴装備を「カバン、ワードローブ1~4」のいずれかに入れた後
 「装備セット編集」でその胴を新たに組み込むことになります。

 他にも、例えばピアスのファストキャスト+4%が手に入ったとします。
 そうしたら、ロケイシャスピアスが2%、エテオレートピアスが1%なので必然的に
 エテオレートとの入れ替えになります。
 同じように、新しいピアスを収納に入れてから装備セット編集で入れ替えるだけです。



・装備セットに名前を付ける

 Set〇〇ではなんの装備かわからないのでここで名前を付けていきます。
 今回は「学者」の「ファストキャスト装備」なのでこのように付けておきました。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20053100.png



・装備セットの番号を覚えておく

 名前を変更したことでその装備セットの番号は消えます。
 ですが「GAKUFC」に矢印がある状態で、左上を見るとそのSet番号が表示されています。


マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20063491.png

 この番号を覚えておいてください。
 


・マクロから装備を呼び出してみよう

 では無事、セットが完了したらメニューからマクロ機能>マクロ編集に移行してください。
 ここでは前回まで使った「Test」を使用します。


 Ctrl4のボタンにこのように表記します。
 
マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20072663.png


 このコマンドが「装備セット27番の装備セットを呼び出して着替える」コマンドです。

 文字は他のコマンド同様全て半角、スペースも半角です。
 名前はわかりやすく「FC」(ファストキャスト)にしました。
 


・ボタンで着替えてみよう。

 ではまず、装備変更から好きな装備に着替えてください。
 そのときなるべく装備セットで登録した装備とかぶらないほうがわかりやすいと思います。


 今回は前回採用した「初期装備」でまとめました。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20084882.png


 着替え終わったら、おもむろに先ほど作った「FC」のマクロボタンを使ってみましょう。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20092236.png


マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20093255.png


 このように一瞬で着替えることが出来れば成功です。

 これでマクロを使って「ファストキャスト装備」に着替えることが出来るようになりました。



しかし、ここでいささか問題があります。

先ほど作った「ファストキャスト装備」の装備セットを見ると

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20101583.png

このように「×」のついた箇所がいくつかあると思います。

これは「装備をはずす」という意味のものであり、文字通り
ファストキャスト装備以外で付けていた装備を作ったセットに着替えることによって、
はずすことになってしまっています。


たとえばこのようにメイン武器に「ブロンズダガー」を装備していたとします。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20120807.png

その状態で先ほどの「FC」のマクロを使うと




このように武器ははずれてしまいます。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20133395.png


これは先ほど作ったFCの装備セットの武器の項目が「装備をはずす」ことになっているからです。

これだと、着替えるのにいちいち武器が外れて、また装備し直すのは手間すぎますね。
なので、この場合は先ほど作ったFC装備の武器の項目の×をなくす必要があります。


装備セット編集の先ほど作った「GAKUFC」を編集で開き、武器の場所にカーソルを当てたら
キーボードのテンキー「+」ボタン、もしくはコントローラの「△」ボタン
すぐ右の項目にカーソルが移動します。

そこから「装備を変更しない」を選択して決定。

マクロのお勉強 7限目 装備セットをマクロで呼び出そう_e0401547_20171207.png

すると「×」が消えます。

これで、FC装備に着替えても、もともと装備していた武器は消えなくなります。


はずれて都合の悪い項目は全て「装備を変更しない」に設定しておいてください。
もしくはどのセットでも×は全て「装備を変更しない」にしておいても構わないと思います。



これで、マクロから装備セットを呼び出す準備が出来ました!




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてマクロに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです118.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-12 20:24 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(0)
ついにここまで来ました!

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20303604.png



2014年8月のバージョンアップで実装された「装備セットマクロ」
それまでは「マクロ編集」面倒なコマンドを書きつつ、ひとつひとつ装備を指定していく
方法で装備変更していました。


しかしこのバージョンアップでその形態は大きく変わり、今では大変便利なものになっています。

便利ですが、その方法をしっかり覚えてなおかつ、マクロとして機能させるように
するには、コマンドや登録方法を覚える必要があります。


今回は、大まかに分けて二通りのやり方で装備セットを登録する方法をご紹介します。



装備セットは用途によって様々な使い方をします。
その使用用途は多種多様。
人それぞれ、様々な装備セットがあると思います。

そういった「装備のステータスや機能」うんぬんは置いておいて、
まずは装備セットに装備を登録する方法を説明していきます。




・現在着ている装備をそのまま登録する方法

 まず、メインメニューの「装備変更」からお好きな装備に着替えてみてください。

 今回は

 武器:ブロンズダガー
 胴 :タルタルカフタン
 手 :タルタルミトン
 脚 :タルタルブラッカエ
 足 :タルタルクロンプ


マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20041151.png


 を選択しました。


 選択が終わったら装備変更を閉じ、メインメニュー二枚目の「マクロ機能」を選択。
 そこから「装備セット編集」を選んでください。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20050634.png

 するとこれまたずらりとボタンが並ぶと思います。
 このボタンは合計100個あります。
 なんと、100通りの装備を登録出来るようになっています。

 「100個とか大杉わろたwwwwww」
 とかお思いでしょう。
 
 じゅえは100個あってもまったく足りないことになっています(笑)
 そのへんは置いておいて。


 ここからお好きなボタンを選んでください。
 今回は「Set41」のボタンを選択しました。



 「Set41」のボタンを押すと、左にさらにオプションメニューが表示されます。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20061646.png


 このメニューから「現在装備に更新」ボタンを選んで決定してください。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20064607.png

 するとこのようにアラートが表示されますので「はい」を選択。

 「はい」を選択するとアラートが消え、「装備セット編集」まで戻ると思います。
 戻ったら再び「Set41」のボタンを選択して、左のオプションメニューから今度は「編集」を選択してみましょう。



マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20074319.png

 このように表示されれば、成功です。
 これで先ほど選んだ装備が「Set41」に登録されました。


ですが、マクロと同じようにこれでは「Set41」がなんの装備かよくわかりませんよね。

その場合はオプションメニューから「名称の変更」を選択します。
するとカーソルが「Set41」のボタンに行きますので、一度全てBackspaceなどで消してください。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20084687.png



このように全て消したらそこにお好きな名前を入力して決定します。
今回は「Syoki」と登録しました。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20091983.png


これでこの「Set41」のボタンはさきほど登録した「初期装備」のボタンであることが
わかりやすくなったと思います。



・装備セット編集から選んで装備を登録する

 先ほど「Set41」を使ったので今回は「Set42」を選択します。

 「Set42」を選択したらそこから「編集」を選んで決定します。
 すると、まったく何も登録されていない状態の装備セットが表示されます。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20101256.png

 そこにひとつひとつ、お好きな装備を登録していくことになります。

 ですが、この場合は注意が必要になります。
 


 まず注意として、ここでさらに二通りの登録方法を紹介します。

 ひとつめは「ロックスタイルとして登録する方法」
 もうひとつは「コマンドによる着替え装備として登録する方法」です。


 ・ロックスタイルとして登録する方法

  ロックスタイルとは、いわゆる「おしゃれ装備」「固定装備」などに当たる方法です。
  コンフィグの「その他3」で選ぶ「ロックスタイル(外見固定)」と機能はほぼ同じです。


  ロックスタイルとして機能させる場合は、すべての収納から選ぶことが出来ます。

  ※コンフィグの「ロックスタイル」から選ぶ場合は、あくまで
   「装備変更」で選んだ装備が固定されます。
   この場合は、収納(マイバッグ、モグワードローブ1~4)の中からしか
   装備を選択出来ません。



 ・コマンドによる着替え装備として登録する方法

  ロックスタイルに対して注意が必要なのはこちらの方法です。

  まず、装備セット編集からは装備を
  「全ての収納(バッグ、金庫、金庫2、家具、ロッカー、サッチェル、サック、ケース、ローブ)」

  から選ぶことが出来るようになっています。


  しかし、こちらの方法ではコマンドによる着替え装備で機能しない収納」が存在します。
  機能しない収納とは「金庫、金庫2、家具、ロッカー、サッチェル、サック、ケース」を指します。


  コマンドによる装備変更で機能するのは「バッグ、ワードローブのみ」

  ということを覚えておいてください。



 どちらかというと、こちらの「コマンドによる着替え装備として登録する方法」の方が
 「おしゃれ装備」として装備を選ぶには適しています。

 しかし、後に説明する「コマンドでのウェポンスキル使用時などでの着替え」では
 一部機能しない収納があることを念頭に置いておいてください。



 まとめ

 ・おしゃれとして登録したい場合は「全てのストレージからでも大丈夫」
 ・コマンドによる着替えとして登録する場合は「バッグ、ワードローブのみ」

 という感じです。



 これを確認しておかないと、いざウェポンスキルなどで着替えた場合、登録した一部の装備が
 機能しない場合がありますので
ご注意ください。





 お好きな部位を選んだら、キーボードのテンキー「+」ボタン
 もしくはコントローラの「△」ボタンですぐ右の項目にカーソルが移動します。

 そこに「収納選択>」と表示があります。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20203144.png


 そこを選択すると右にその収納が表示されます。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20220464.png

 コマンドによる着替えとして登録したい場合「バッグ、ワードローブ1~4」の中から。
 おしゃれ装備として登録したい場合「すべての収納」から。
 ※ワードローブの課金状態によって1~4の表示は異なります。


 今回は「胴装備」を選んで「収納」を「マイバッグ」
 そこから先ほどの「タルタルカフタン」を選択しました。
 選択したら、装備セットを閉じてください。

 すると、装備マクロセットに戻りますので、そこから「Set42」を選択してもう一度「編集」
 選んでみましょう。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20245592.png

 すると先ほど登録された「タルタルカフタン」が表示されていると思います。
 これで登録完了されていることがわかります。


 「Set41」と同様、名前が分かりにくいので変更します。

マクロのお勉強 6限目 装備セットを作ってみよう_e0401547_20251982.png


これで、二つの装備セットを登録することが出来ました!


次回はこれを使ってマクロ編集から、この装備セットを呼び出す方法をご紹介します。


この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
継続していって頂けるようになれば嬉しいです。




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてタルタルソースに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです113.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-08 20:55 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(2)
今回なげえw

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19081640.png
画像は昨日youtubeにてライヴ配信したものです。
秋月さん、ありがとうございました!!


秋月さんのブログ「FF11回顧録」こちら




今まで一行しか使ってこなかったマクロですが、使える行は合計6行あり、
その6行を上から順に実行していく仕様になっています。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19090086.png


なので、上から順に実行させたいマクロを書いていく、というわけです。

今回は「便利なコマンド」を紹介と解説しつつ、今まで一行だけしか使わなかったマクロを
いよいよ複数行に渡って作成し、実践していこうと思います。



なお、今回はジョブ「戦士」のアビリティ「挑発」を使った解説となります。
あらかじめご了承ください。



便利なコマンド紹介

・/recast(リキャスト)

 アビリティや魔法には「リキャスト(再使用時間)」という数値が設定されています。

 ケアルなら5秒、挑発なら次使えるまでに30秒ほどです。


 要はそのアビリティ、もしくは魔法を使ってから
 「設定された時間が経過しないと再使用出来ない」ということです。
 ※この「リキャスト」は装備品や「ヘイスト」などの魔法で短縮することが可能ですが
 今回はそのままの仕様で解説致します。



 マクロ編集から今回はAlt3を選びこのように入力します。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19115767.png

 入力出来たら、そのマクロを実行してみましょう。


マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19122640.png

 下のチャットログにこのように表示されれば成功です。

 このコマンドは
 「コマンドで指定された、使用可能なアビリティ、魔法の待機時間を表示する」

 ものです。

 この数字が「0:00」であるなら、そのアビリティ、魔法は使用可能というわけです。



 試しにこれを作成したら、隣の「挑発」のボタンを使っていつものミミズに挑発してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19134794.png


 その直後に隣の「RE」ボタンを押してみてください。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19142075.png


 挑発実行後、時間経過とともに「REボタン」を何回か押すとこのように数字が減っていくのがわかると思います。

 この数字が「0:00」になれば挑発が再使用可能、となるわけです。
 この時間経過がわかるのが「/recast」コマンドです。



・/wait(ウェイト)

 コマンドやマクロの種類にもよりますが、マクロは連続で使用出来ない場合があります。
 ある種の連続するマクロは、そういった関係で無理に連続させると
 通信やラグの関係でエラーが出てしまいます。


 例えばこんなマクロを作ってみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19163756.png


 そしたらそれを実行してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19165173.png


 ご覧のように処理しきれずにエラーが出てしまいます。
 (チャットモード:パーティではエラーは出ませんでした。モード:LSではエラーが出ました。)


 こういった連続したマクロを調整して処理させる方法「/wait」です。

 「/wait」は「待機時間を何秒にするか」というコマンドで、
 「/wait」のあとに半角スペースを空け、数字を入力することで
 その数字秒数だけ待機時間が発生します。

 「/wait」で指定できる数字は1~60です。



 では、先ほど作った「連続」マクロを改良してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19163756.png

 まずさきほど作った「連続」マクロの編集画面で、二行目に矢印を合わせたら
 そこでキーボードのテンキー側の「+」ボタンを押してみましょう。
 (コントローラではPS純正コントローラの△に当たるボタン)


 すると、矢印が右上の編集オプションメニューに飛びます。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19225520.png


 そこから「行削除」を選んで決定、もしくはEnterキーを押してみてください。


マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19233017.png

 すると、矢印は戻り、マクロ編集側の「二行目のこんにちわ」が消えていることがわかります。
 これはマクロ編集の「コピーペースト」などの機能のひとつです。

 こちらも覚えておくと大変便利な機能です。



 この感じで四行目、六行目も消してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19251574.png


 こんな感じになれば成功です。



 では、空いている「二行目、四行目」「/wait 1」をこのように入力します。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19260081.png


 入力が済んだら、実行してみましょう。



マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19261490.png

 全て表示されるまでに多少の間はあるものの、今度は
 エラーが出ることなく連続してチャットログに表示させることが出来ました。

これで「最初のこんにちわのあとに1秒空け、またこんにちわ、一秒空けまたこんにちわ」
というマクロが実行出来たと思います。


こんな風に連続して行う動作を時間で調整するコマンド「/wait」です。



・/echo(エコー)

 このコマンドのあとに半角スペース後、好きな文章を書くことで
 「自分のみに見えるメッセージを表示」させることが出来ます。
 

 マクロ編集からこのように編集してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19321117.png


 作成出来たら実行してみましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19331145.png


 チャットログにこのように表示されれば成功です。

 これにより、他人からは見えないように自分宛にリマインダー的な役割を持つ文章
 チャットログに表示させることが出来るようになりました。



 ここまで便利なコマンドの紹介と説明でした。



・複数のマクロを複数行に渡って実行してみよう。


では、ここまで紹介した「/recast」「/wait」「/echo」を使って
いよいよ複数行のマクロを作成します。



このようにマクロを作成しましょう。

マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19351931.png

このマクロは、

・一行目でリキャストの確認
・二行目で前回作成した「挑発のマクロ」
・三行目でウェイトで30秒待機
・四行目でエコーを表示させる

という、紹介したものを複数行に渡って組み合わせたものです。


挑発を使ったマクロの解説はこちら



作成出来たら、試しにそれを実行してみましょう。
実行後、ミミズから離れたら30秒何もせずに待ってみてください。


マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_19362580.png

ミミズのストーンが余計ですがこのように表示されれば成功です。


これで、複数行に渡るマクロを作成、実行し
リキャストを確認後、挑発をミミズに向けて発動させ、30秒待機後、挑発が可能になったことを確認

することが出来たわけです。



今回は挑発で、「/wait」の待機時間を紹介しましたが、
同じように魔法や他のアビリティにも応用が利きます。
是非活用してみてください。


マクロのお勉強 5限目 複数行のマクロを使ってみよう_e0401547_20041598.png



※「/wait」の数字は、装備品やヘイストがかかった状態など場合によって変化することを
 ご了承ください。


 この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
 継続していって頂けるようになれば嬉しいです。



おまけ:

 <wait>は行が足りなくなったときの機会に紹介しますwwww
 これ入れるともっと長くなりそうなのでwww




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてエコーに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです109.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-07 19:51 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(2)
いよいよ魔法に突入です。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17331927.png



マクロ編集、マクロの組み合わせ、サブターゲットまでは
ご理解頂けたかな?と思います。

マクロのお勉強カテゴリはこちら



今回は魔法を使った新たな代名詞と簡単なマクロの仕組みを紹介します。


今回は事前準備として、お手数ですが「赤魔導士」をレベル5ほど上げておいてください。
赤魔導士をレベル5にしたら、魔法を買いに行きましょう。
※「挑発」で使用したのがサンドリア付近だったので、今回もサンドリア付近での進行となります。
 お手数をお掛けしますが、ご了承ください。

サンドリア港モグハウス付近にある「ロジヌ魔法用品店」に向かいます。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17403327.png


こちらの店員のRegineに話しかけ、「魔法を買いたい>白魔法」と進めば売っている魔法が並びます。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17405265.png



今回はここから「ケアル」「ディア」を選んで買いましょう。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17410335.png



買ったらアイテムからそれを選んで使えば、魔法を覚えることが出来ます。
すでに持っている方は次にお進みください。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17414241.png



魔法買って、覚えたら西ロンフォールに出ましょう!



・実際に魔法を使用してみる



マクロ編集を開いて今回はCtrl2をこのように編集します。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17421076.png


今回使用する「/ma」は「/magic」の略です。

挑発のときに使用した「/ja」と同じカテゴリ指定
今回は「魔法を使用する」という指定コマンドです。



編集が終わったら、おもむろに例のミミズを探しましょう。

ミミズを見つけたら、先ほど作ったマクロを使ってみましょう。
ミミズにターゲットを合わせ、メインターゲットにします。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17424023.png


その後、マクロから「ディ」のボタンを押してください。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17530690.png


メインターゲットにした状態から

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17431951.png

このように青い矢印が出れば成功です。
そのままさらに決定ボタンを押してみましょう。



マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17434296.png



敵に「ディア」が打ち込まれれば成功です。

打ち込んだらミミズを「メインターゲットしたまま」少し離れてミミズの攻撃や魔法が
届かない位置まで
下がり、様子を見てましょう。


ディアは敵に放つ弱体魔法のひとつです。

白魔法「ディア」
対象を光属性のダメージがじわじわ蝕み防御力ダウン。
(用語辞典より抜粋)


マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17453262.png

ご覧のように何もせずともミミズのHPは減っていきます。
これがディアの効果です。

このように「白魔法ディア」は「敵に対して効果のある魔法」であることがわかると思います。

となると「挑発」と同じように、代名詞は<stnpc>となるわけです。



では、味方に放つ「ケアル」などの魔法はどうなるのか?


こちらも考え方はまったく同じです。

違うのは「プレイヤーキャラクターに使用する」という点です。
<stnpc>は「サブターゲットをノンプレイヤーキャラクターに表示」でしたが
ケアルなどの味方に放つ魔法は「サブターゲットをプレイヤーキャラクターに表示」となります。



お察しの方もいるかと思いますが、実際に編集してみましょう。



マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17480747.png

このように編集出来たら完成です。

それでは実際に使用してみましょう。


マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17535555.png

マクロボタン「ケア」を押すと、自分にサブターゲットが表示されるのがわかると思います。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17490725.png


では、サブターゲットが表示された状態で、そのサブターゲットを敵に移動しようとしてみましょう。
すると、敵にサブターゲットを当てようとしても敵には表示されないことがわかると思います。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_17500231.png

これは代名詞「<stpc>」でサブターゲットを「プレイヤーキャラクターに」表示させる、という
指定をしたからです。


これにより、ケアルなどの「味方への魔法を、味方のみを選んで放つことが出来る」ようになりました。


まとめ:
敵へのサブターゲットの表示は<stnpc>
味方へのサブターゲットの表示は<stpc>



・マクロの仕組み

挑発や魔法のマクロのおさらいとなりますが、マクロの構造は
そのアビや魔法をメニューから選んで実際に使ってみるとわかります。


例を挙げると今回作った「/ma ケアル <stpc>」
「魔法:ケアルをサブターゲットに指定したプレイヤーキャラクターに表示する」

ということになります。

これをマクロを使わずに「メニューから」選んでみてください。

選び方は、
・自分をメインターゲットに指定(十字キー下ボタン)
・決定ボタンを押してメニューを開く。
・メニューから「魔法」を選択する。
・魔法から「ケアル」を選ぶ。


するとどうでしょう。

マクロのお勉強 4限目 魔法マクロを作ろう_e0401547_18014910.png

サブターゲットまで指定された段階では、マクロを使用したものとまったく同じ表示になります。


マクロはいわば、このメニューから選ぶ一連の動作を1ボタンにまとめたものになるわけです。
この順番を覚えておくと、マクロは非常に作りやすくなります。

マクロ作成の際に困ったときは、メニューから順に
「どのカテゴリの、どの動作を、どのように表示させるか」

どのカテゴリ(/ja、/ma)を、どの動作(挑発、ケアルなど)、どのように(<stnpc>、<stpc>


と、考えながら作るととわかりやすくなると思います。

次回は「便利なコマンド」を紹介していきます。


この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
継続していって頂けるようになれば嬉しいです。




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてトンネルに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです113.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-06 18:19 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(2)
とんでもない茶番を考えてしまった。

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18300159.png


今回は前回作成した「挑発」のマクロを使って新しい代名詞の使い方と
解説をしていきます。


まずはこちらの茶番からご覧ください。



~バルクルム砂丘にて~



でゅーて「今日はじゅえちゃんとレベル上げだぞ!」
じゅえ「わーい^^よろしくお願いしまーす!」

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18142423.png




でゅーて「それ!!覚えたばかりの挑発!!」
じゅえ「わー!でゅーてちゃんすごーい!!」

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18150006.png

でゅーて「えへへ!」



数分後・・・


じゅえ「ごめん、ちょっと離席するね^^」
でゅーて「わかったー!あっちでヒーリングしてて!」
じゅえ「はあい^^」




でゅーて「・・・・じゅえちゃんがいない間に経験値を稼いでおけばきっと喜んでもらえるぞ!」

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18170089.png

でゅーて「そうと決まったらじゅえちゃんがいない間に敵を倒しておこう!




マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18180144.png

でゅーて「それ!それ!!・・・・ってあっ!!!






マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18182132.png
のっしのっし




でゅーて「あああああああああああああああああ!!!!」

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18184693.png



でゅーて「ちょちょちょ・・・こっちの敵まだ倒してないんだけど;;」

でゅーて「ええっと、ゴブリンをこっちに向けさせないといけないから・・・」


でゅーて「まずはターゲットの変更をして、そっから挑発すれば・・・えーっとえーっと」

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18194890.png


カチッ

カチッ

ガスッ!

ガスッ!


でゅーて「あああああああこんな面倒なことしてたら、間に合わないよ~~~!!

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18423250.png




じゃん!!


そんなときにこそ、「サブターゲット」!!



まず、現在ターゲットしているものを「メインターゲット」とします。
メインターゲットしているものは名前の上に黄色い矢印が表示されます。

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18140533.png


前回の二限目で作成した「挑発 <t>」の「<t>」は
「メインターゲットにしている敵」

にしか挑発は発動しません。


このままだと、別の敵に挑発をしたい場合はさきほどの茶番のように「ターゲットの変更」
してからでないと、別の敵に挑発は出来ないのです。

メニューからいちいち変更するのは、いささか手間ですよね。


そこで今回ご紹介する「サブターゲット」の登場です。



では、二限目で作ったマクロを少し改良しましょう。
二限目ではここまで挑発マクロを作りました。

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18215332.png


この「挑発」のあとの「<t>」
「<st>」に変更してみてください。

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18233671.png


変更が終わったら全てのメニューを閉じてください。
その後、敵をターゲットして「挑発マクロボタン」を押してみましょう。
コントローラーならR2から、キーボードならAltキー長押しでマクロ表示。
その後「挑発ボタン」を選びます。


するとどうでしょう。
前回作ったマクロでは、ボタンを押すとすぐに「挑発」が発動しました。
しかし、<st>にしたことでメインターゲットをしつつ、自分の頭の上に青い矢印が表示されました。



この青い矢印が「サブターゲット」です。

これを仕込んでおけば、メインターゲットしつつ、別の敵に挑発することが可能になります。


マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18244436.png

このように「挑発ボタン」を押して、青い矢印が表示されれば成功です。


しかしながら、この動作は
「一回自分にサブターゲットを当て、その後挑発したい敵を選んで決定ボタン」というひと手間があります。
これでは最初とあまり変わらないような気がしますね。



ではさらに改良しましょう。

先ほど作った「<st>」を「<stnpc>」と変更してみてください。

マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18310318.png


その後、メニューをすべて閉じ、同じように敵をメインターゲットして
「挑発マクロボタン」を押してみましょう。

するとどうでしょう。


マクロのお勉強 3限目:サブターゲット_e0401547_18273554.png

今度は最初に自分にサブターゲットは来なくなり、いきなり敵を選べることがわかると思います。


この付け加えた「npc」「ノンプレイヤーキャラクター」を指します。
ノンプレイヤーキャラクター、いわゆる「プレイヤーではないもの」という感じです。


改良した代名詞、<stnpc>を細かく解説すると
sはサブ、tはターゲット、npcはノンプレイヤーキャラクター。


作成したマクロを解説すると、

「ジョブアビリティ:挑発をサブターゲットに指定したノンプレイヤーキャラクターに表示する」
という感じのマクロになります。

これでメインターゲットしつつ、別の敵に挑発することが出来るようになりました。
茶番だとうさぎに攻撃しつつ、じゅえに襲いかかってきたゴブリンに挑発が出来ます!



<stnpc>はかなり応用が利き、なおかつ頻繁に使う代名詞なので、覚えておくと良いでしょう。

次回はこのサブターゲットを使った別の方法を解説致します。


この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
継続していって頂けるようになれば嬉しいです。



おまけ:

茶番なので仕方なくじゅえに「^^」とか使わせたけどやっぱりキモイ。




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてに砂丘でのレベリングに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです110.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

キリン 生茶 お茶 2L PET ×9本
キリンビバレッジ (2019-04-16)
売り上げランキング: 25

by juelingling | 2020-03-05 18:43 | ・マクロのお勉強 | Trackback(1) | Comments(0)
なんだか楽しくなってきた。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19142356.png


しかし情報量が多いので、ネタに走りにくいのが現状です。

余裕のないじゅえがネタに走ってじゅえ自身が情報錯誤してしまうとこに
変にネタをかませると初心者さん復帰者さんが誤解を受けそうなのでちょっと怖いのですw



あとこのペースで、いつ「装備セットを使用したマクロ」まで辿り着けるのか
ちょっと怖いです。


カテゴリ新設しておきました。



引き続き第二回です。


前回はマクロを使って「こんにちわ」とチャットすることに成功しました。
これで「マクロ編集に進むまで」はご理解頂けたと思います。

今回はそのマクロ編集を使って前回のものを応用し、より実践的なマクロを作っていこうと思います。


事前準備

・レベル上げ
 まずお時間を取らせるかもしれませんが、「戦士」にジョブチェンジして
 レベルを5ほど上げてみてください。

 レベル5になると覚えるアビリティ「挑発」を今回使用するためです。
 この「挑発」は恐らくかなり使用頻度が高く、なおかつ知名度もあり
 なにより今回含む色々な説明に適していると思った所存です。

 戦士がレベル5になり「挑発」を覚えたら、おもむろに3国どこでもいいので
 外に出てみましょう。

 今回は南サンドリアに行き、そこから西ロンフォールを選択しました。



・マクロを編集する

 外に出たら、前回と同じようにマクロ編集を開き
 今度は「Alt1」を選択してみましょう。
 
マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19204440.png

 前回と同じようになにも書かれていないマクロ編集が表示されたと思います。

 その一番上の小窓に「発見」
 6行あるうちの一番上に「/p <t>」と入力してみましょう。
 「p」と「<」の間の空白は半角です。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19212907.png

 ここで初めてコマンドが登場します。

 「/p」は「/party」の略です。
 最初にこれを書くことにより

 「チャットモード「パーティ」で発言する」ということになります。

 そして「<t>」は「<target>」の略です。
 これは「ターゲットしているものを表示」させることが出来る代名詞です。


 要するに「/p <t>」は
 「パーティチャットモードでターゲットしてあるものを表示する」
 ということになります。

 完成したらメニューを全て閉じてください。


 そして今回はコントローラーR2ボタン、もしくはキーボードの「Alt」を長押し
 してみてください。
 
マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19235739.png

 このようにAltのみのボタンが表示され、ボタンに「発見」も書かれていれば成功です。




・編集したマクロを実際に使ってみよう

 全てのメニューが閉じられた状態で少し歩いてみましょう。
 少し歩くと敵がいると思います。


 今回はこの可愛い(?)うさぎをチョイスしました。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19243665.png



 そしたら見つけたうさぎに向かって決定ボタンを押してみましょう。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19250606.png


うさぎの名前の上に黄色い矢印が表示されたと思います。

これが「うさぎをターゲットした」ことになります。
いわゆる「タゲった状態」です。

これを「メインターゲット」と呼びます。



その状態になったらAltマクロボタンを表示させて
先ほど作った「発見」ボタンを押してみましょう。



マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19260094.png

このようにチャットウインドウに表示されれば成功です。
これで「パーティチャットにWild Rabibtと表示させた」ことになります。


しかし、このままではただ単に敵の名前が表示されただけ
チャットウインドウではなんだかよくわかりませんね。
Wild Rabibtがどうしたって?」って感じです。



そこで先ほどのAtlボタンを再びこのように編集しましょう。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19270213.png

編集が完了したらメニューをすべて閉じ、
先ほどと同じようにうさぎをターゲットしてAltマクロを押してみましょう。


マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19273526.png

このように表示されれば成功です。

「を発見しました。」を付け加えたことにより、今度は文章として成立しています。


このようにマクロで、「コマンド、代名詞、文章」同時に入力、出力させることが出来るわけです。
これで「コマンド、代名詞、文章」三つのマクロを組み合わせることが理解出来たかと思います。



・アビリティをマクロに組み込んでみよう

 ここでようやく事前準備した「挑発」を使用します。
 マクロ編集を開いて、今度はAlt2を選択して編集してみましょう。

 
マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19302292.png

 /ja は「/jobability」の略です。
「ジョブアビリティを使用する」という指定コマンドです。

 挑発はそのアビリティ名。
 <t>は代名詞。

 「/ja」のあとに半角の空白を入れて、その後に「アビリティ名」
 さらに半角空白、その後「<t>」です。


 このマクロは
 「ターゲットしたものにアビリティ:挑発を実行する」

 というマクロです。


 ジョブアビリティをマクロに組み込む際には必ず先頭に「/ja」が付きます。
 先頭に「/ja」を入れることによって次の文章が「アビリティを指定した状態」になるわけです。

「/ja」・・・アビリティを指定するよ。
「挑発」・・・指定されたアビリティは挑発だよ。
「<t>」・・・その指定されたアビリティを撃つ相手だよ。
 
というような感じです。


 
 編集が成功したら実際に使用してみましょう。

 今回使用するのは「Tunnel Worm」です。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19380763.png


 こいつは動かないのでこの実践に適しています。


 「Tunnel Worm」をタゲったらおもむろに先ほど作ったボタンを押してみましょう。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19385534.png

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19390591.png

 エフェクトと共にチャットウインドウにこのように表示されれば成功です。
 ※環境により、文字色が違うかもしれません。

 ちなみに実行したら速攻逃げてください(笑)

 これでマクロからジョブアビリティ:挑発をTunnel Wormに実行」することに成功しました!


 今回はここまで。



次回は「サブターゲット」を紹介したいと思います。





※チャットモードはログイン直後は「/sayモード」になっております。

 /say
 →自分の周囲の狭い範囲にいる人に文章を送る。
 (用語辞典より抜粋)


街中で誰にでも聴こえる程度の言葉を発するって感じです。

これを変えるにはメニューなど何もない状態でまず十字キーの下ボタンを押します。
すると自分の名前の上に黄色の矢印が表示されると思います。
そこで決定ボタンを押すと左下にメニューが表示されます。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19405327.png


そこで更に十字キーの右ボタンを押すと右にまたメニューが表示されます。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19420098.png
そしたら十字キーの下ボタンで「Party」を選んで「決定」を押してください。


決定を押した段階で一番下のチャットウインドウがこのようになっていれば成功です。

マクロのお勉強 2限目:マクロの組み合わせ_e0401547_19432527.png

これで通常のチャットモードが「パーティチャットモード」になりました。
このようにチャットモードはいつでも変更出来ますので
用途に応じて使い分けてみてください。


この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
継続していって頂けるようになれば嬉しいです。





誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてパーティ(宴会の方)に興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです110.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

どっきり!!フォーク曲げ
テンヨー(Tenyo) (2012-12-09)
売り上げランキング: 33,024

by juelingling | 2020-03-04 19:50 | ・マクロのお勉強 | Trackback(4) | Comments(6)
初心者、復帰者応援シリーズです。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19162113.png


FF11しかり、様々なオンラインゲームには「マクロ」と呼ばれる機能が存在しています。

マクロ(システム)
あらかじめ登録しておいた最大6つ(6段)の連続する(シーケンス)テキストコマンドを実行する機能。
繰り返し使う魔法・アビリティ・装備変更や発言などの発動をひとつのキーにまとめ
状況にすばやく対応する補助として使うことができる。
そのため、あらゆるプレイスタイルやジョブにおいて重要な機能であり、
仕組みを理解して使いこなせるようになることが望ましい。
(用語辞典より抜粋)


簡単に言うと、ボタン一つでいろんな動作が出来る便利な機能です。
しかし、その中身はさすが18年近い歴史を持つゲームだけあって
いきなり全てを理解するのはいささか困難を極めます。

さらにジョブごとに使うアビリティ、魔法などが違うため
一口に「マクロ」と言っても様々な使い道や機能が存在します。

初心者さん、復帰者さんがつまづくとしたらマクロの作成ではないでしょうか。


そこで当記事では
「じゅえが使っているマクロをなるべく簡単にわかりやすく」書きつつ
そのマクロの説明なども含む紹介をしていこうと思います。

より複雑かつ、便利なマクロも多々あるかとは思いますが
現在じゅえが使用しているマクロの作り方に沿って、なおかつ作りながら紹介していきます。


※初心者さんも対象のため、基本中の基本からご紹介することをあらかじめご了承ください。



事前確認
 チャットモードが「Say」状態になっていることをご確認ください。
 説明は「ログイン直後」からの説明になっております。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_16383586.png

モードの切り替えは「二限目」の最後に説明してあります。




・マクロに名前を付けよう

 まずメインメニューメニューを開き、二枚目のメニューから「マクロ機能」を選びます。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19204450.png

 そこで決定を押す

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19211690.png

 このようにメニューボタンが二つ表示されます。


 今回は「マクロ編集」を選びましょう。
 何も手を加えれていない状態であればずらりと並ぶすべてのボタンが
 「Book〇〇」と表示されています。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19213926.png

 これがマクロブックです。
 最大20ブックまであります。

 今回紹介するマクロブックはあらかじめ「Book07」まで使用しているので、
 今回は「Book08」を使用します。
 空いている場所であればどこでもかまいません。


 「Book08」を選ぶと、さらに横にこのようなオプションメニューが出てきます。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19223976.png

 ここで「名称の変更」を選んでみましょう。
 すると文字入力カーソルが先ほどのBook08のところに行きますので
 Deleteを押して全て消去。

 消去出来たら、何もない状態のところに「Test」とでも入力しましょう。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19243874.png

 入力後、決定を押せば「Book08」が「Test」に変わったと思います。
 これでそのマクロブックは「Test」という名前に変更されました。

 そしたら、その「Test」を選ぶと、再び横のオプションメニューが出ますので
 そこで今度は「決定」

 これで初めて、マクロ編集に移行します。



・マクロボタンを作ってみよう

 マクロ編集に移行するとこのようにボタンが全部で10個出てきます。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19273189.png

 今回はマクロ表示を「コンパクトサイズ」に設定してあります。

 フルサイズで表示させたい場合は
 メニュー>コンフィグ>その他2>マクロサイズからお選びください。


 フルサイズで表示させた場合
マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19280523.png

 サイズはどちらも一長一短で、
 コンパクトサイズは「小さくて画面の邪魔にならないがボタンの文字が省略される」
 フルサイズは「大きくて画面が少し見にくくなるが、ボタンの文字が見やすい」
 こんな感じです。

 自分の画面の大きさや環境によって変更すると良いでしょう。

 コンパクトサイズで表示がされていたら、まず上の「Ctrl1」を選択してみましょう。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19300705.png


 このように6行からなる「Ctrl1」のボタン編集画面になります。
 マクロはこの6行に書き込んでいくわけです。


 実際に作ってみましょう。
 6つある行のうちの上を選んで「決定」を押すと文字入力カーソルが表示されます。
 ここに「こんにちわ」と入力してみましょう。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19312057.png

 打ち終わったら「キャンセル」ボタンを押します。

 なぜキャンセルなのかは謎ですが、これで
 Ctrl1のボタンの一行目に「こんにちわ」が登録されているはずです。

 ここでもう一度キャンセルを押すとマクロ編集に戻ります。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19323856.png

 が、これではCtrl1になにが書いてあるのかわかりませんね。

 では、もう一度Ctrl1を選び、編集画面にいったところ
 今度は一番上の少し小さい場所で決定を押してみましょう。

 先ほどと同じように文字入力カーソルが出ますので、そこに
 「挨拶」と入力、入力後同じようにキャンセルします。

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_17494356.png



 そこでもう一回キャンセルを押すと、またマクロ編集に戻りますが、

マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19361021.png

このように今度はボタンが分かりやすくなっています。
これで、このボタンは「挨拶ボタン」ということが一目瞭然になります。

では、すべてのメニューを閉じてみましょう。



・作ったマクロを動かしてみよう

全てのメニューを閉じ、画面にメニューが何もない状態になったら、
コントローラのL2ボタン、もしくはキーボードのCtrlを長押ししてみましょう。


マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19380468.png


すると先ほどのマクロ編集のボタンが表示されるはずです。

しかし、先ほどとは違い「Ctrl」の列しか表示されていません。

そこで先ほど作った「挨拶ボタン」に十字キーで色を合わせて決定ボタンを押してみましょう。


マクロのお勉強 1限目:マクロの編集_e0401547_19383911.png

下のチャットログにこのように表示されればマクロは成功です。

これで「マクロを使ってSayモードで「こんにちわ」と表示」することが出来ました!

キーボードで「こんにちわ」と入力するより遥かにはやく「こんにちわ」と発言出来たかと思います。


これがマクロ機能です。


今回はここまで。

この一連の流れがないと、次回のコマンドなどの入力にいけないかな、と思い
本当に基本中の基本で長くはなりましたが、紹介させて頂きました。


次回からはアビリティや簡単なコマンドを紹介したいと思います。



ちなみにじゅえはエクセルのマクロとかはちんぷんかんぷんです。


この特集がきっかけで初心者さん、復帰者さんがFFXIをもっと楽しめ
継続していって頂けるようになれば嬉しいです。




誤字、脱字など気を付けてはおりますが、あったらご指摘いただけるとありがたいです。
この攻略を参考にしてマクロに興味を持って頂ければ幸いです178.png

Amazonでお買い物をされる方、良かったらこのブログの
右側のAmazonリンク経由でお買い物をして頂けないでしょうか?
ここからAmazonでお買い物をするとアフィリエイトポイントが貯まりますので
貯まったポイントでブログの継続やじゅえの貧乏が緩和出来ます!
ご協力頂けましたら大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしたします169.png

いいね!や、Twitterなどでの共有やリツィート、コメントなどしてもらえると嬉しいです110.png
Youtubeチャンネル登録もよろしくお願いします179.png

by juelingling | 2020-03-03 19:45 | ・マクロのお勉強 | Trackback | Comments(0)

初心者復帰者からRMEA作成まで幅広く取り扱っております。  楽しく簡単に!がモットーです。Twitter、Youtubeもよろしくお願いします。


by じゅえ@ビス鯖